美容室にプレス部門を構える事について




今日も、ブログ長いです…。
チラシなんかやってないよって方は読まなくてもいいかもです。

美容室の求人や集客のために今まで色々、広告代理店にチラシを発注したり、美容専門のリクルート会社やコンサルティング会社に会社案内のパンフレットを作ってもらったりしたんだけど…。

今はきっぱりやめてしまいました。
理由は簡単で「費用対効果」が悪いという所。

結構デザイン費用高いんですよね。

 

例えば、お客様を集客するためのチラシなんだけど、いつもはB4サイズで発注をしていたんですね。
デザイン会社によっては全く料金が違うのでなんとも言えませんが…

40,000枚両面印刷の発注して、200,000円くらいかかってたんですよね。

結構高いです。本当に…。
修正は、何回までで、1ヶ月以内に完了してくださいとか規約がある。
それ以上は、別途費用もらいます…っていう。

1枚 5円だとすると、1,000枚配って、ひとりのお客様が来られたとしたら…
集客単価は5,000円+配布人件費 or 折込費用ですよね。

これがすごく無理があると思っています。

ほとんどのデザイン会社さんは本当にデザインを作る事がゴール。

仕事の納品が終わった後に、ヒアリングする事すらしてくれない。

集客のお手伝いをする事がゴールじゃなくて、クライアントの要望に合わせてデザインを上げる事がゴールになっていますよね。

だいたい打ち合わせをすると

「どんなイメージで作りましょう?」って言われちゃいます。
「???」ってなりますよね。

こっちからすると「何名のお客様が欲しくて、そのお客様は何歳くらいの女性で、こんな方を集客したい」って思いますよね。

だから「こんなデザインがいい、こんな内容がいい」っていう専門性の高い提案を欲しいと思ってしまいます。

今のところ、そういった事をコミットしてくれる企業にはお会いしたことがありません…。

なので、今まではデザインにお金を出してきましたが、もうやめようって思って、会社にプレス部門の人材を置くことにしました。兼任ですが…。

プレスって言ったらかっこいいけど、単なる広報です。

上の費用の話に戻ると、印刷ってデザインを準備すれば印刷会社に直接入稿できるんですね。

そうすると
40,000枚両面印刷の発注して、120,000円くらいで済むんですね。
1枚単価 3円になりますよね。

つまり、さっきのデザイン会社の見積もりを考えてみるとデザイン料金が80,000円取られていたかもしれない単純計算です。

なので「結果にコミットしてくれない」業者にお金を払うんだったら、スタッフに還元したいっていう考えからなんですよね。

で、結局のところスタッフの手作りチラシを使って集客しても、そこまで集客力の差が無かったんですよね。

そして、デザイン会社に頼むとデザインはテンプレート管理がベース。
ほとんどの場合、他の美容室と似通ったデザインで埋もれちゃうんですよね。

だけど、自分の会社で製作したら「下手くそなりにも自社らしさ」が出てくるんですよね。
そして、自社にテンプレートが残るんですよね。

もしプレスの子が辞めてしまっても自社にはテンプレートが残るので、後々で活用の仕方も考えられますよね。

そして、辞める理由にしても、結婚退職や引越退職なんかの場合だと、デザインだけ受注するような、退社後も仕事を続けられる仕組みも構築できますよね。

なので、各社もプレス担当を置かれる事はオススメですよ。

IllustratorやPhotoshopが使えるほうがいいけれど、ExcelやWordが使えるだけでもデザインの入稿はできるので、そういうスタッフ育成をしてみてもいいかもしれませんね。

あと、うちで欲しい人材はWeb担当ですかね。
あと、バイヤーさんとか…。
通販とかもしていきたいので…。

頑張っていきまーす。

で、今までにいろいろな印刷会社さんにお願いをしてきましたが、ここが一番いいと思うので、せっかくなのでリンクを貼っておきますね。

安いのはもちろんなんですが、折り込みまで一括でできること。
テンプレートも充実していること。
あと、紙質もいいですね。
さらにポイントも付くのでお得です☆

印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

年賀状印刷もラクスル!

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村






コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.