共感させる強いカリスマ性よりも、共感してあげる仲間作り

「共感させる強いカリスマ性よりも、共感してあげる仲間作り」

スタッフさんとコミニュケーションをとっている中で、突然感じた思い…。
僕はどこかで、共感してほしい…。

共感させなくちゃ…。

って、今までそのモチベーションでやってきていた気がして、ふと思考が立ち止まってしまった。
会社の代表なのだから、社員に夢を見させないといけない。

共感できる志がなくちゃいけない。

スタッフには会社の思いに対して今日をさせなければいけないと…。

そう強く思う節があるなぁって…。
ふと、振りかえってみて思う。

「自分はカリスマ性を持ちたい」と思ってやってきていたのか?
そうじゃない…。
ただ、スタッフの安心と幸せを作りたかっただけ…。その近道が自分の思いに共感させることだと思ってた。

ただ、いろいろスタッフとコミニュケーションを取る中で感じる、ひとりひとりの不安や不満。
スタッフに対して、会社はこう考えてるから、こうやっていくから一緒にやろう。
そう言う事が、スタッフに先を見せる事じゃないかと思ってきたけれど…。
助けを求めてるスタッフに、会社の思いに共感しなさいってのは違うと思った。
間違ってたな…って思った。

ブログをやってみて思う事。

気づけた事。
共感してくれるだろう。

共感されるだろうと思っても、そんなに簡単に共感はしてもらえない。
自分の中で湧いてくる考えや思いも、そう簡単には伝わらない。
それよりは、たくさんの人の話に共感してあげる事。

何か感じてあげる事の方が簡単だし、相手の思いに共感しようと思うところに、何が気付けることがあったりする。
今日はスタッフとのコミニュケーションで、今までちゃんと話が聞けてなかったなって改めて感じた話なので、書いておきました。
考えは変わるものだから、今感じたことを書いておくのも大事。




コメントを残す