【日本漢字能力検定協会】2015年の『漢字』

毎年12月に発表される一年を表す漢字。
日本漢字能力検定協会が主催している取り組みです。

応募数の一番多かった「安」が今年の漢字に選ばれたそうです。
安保関連法案が審議され、平和や自衛隊法などへの国民の関心が高まったことや、テロや異常気象などへの不安などから来ているのでは無いでしょうか?

2位以下は「爆」「戦」などの漢字が続いだそうです。

まだまだ「中国人」による爆買いなどの影響もありますよね。

毎年こういったニュースを聞くと、世間のニーズなどを感じる事ができます。

美容業界でいえばカラーかぶれの報道があったのも記憶に新しいですね。

お客様への安心と安全を提供できるようにしていきたいですね。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください