2016年 美容領域におけるトレンド予測を読んでみて…

毎年参考にさせていただいているこちらの資料

リクルートさんが出している「2016年 トレンド予測」を拝見しました。

ビッグキーワードとして『美ンバウンド』

中国の旅行客による爆買いを代表とした『インバウンド消費』が昨年、今年とともに日本経済を賑わせていますよね。
このトレンド予測によると爆買いのターゲットが『モノ消費』から『コト消費(体験)』にシフトしてきているとのこと。

日本を訪れる旅行客のリピーター化も進んできて、提案の仕方次第では美容業界にも「インバウンド消費」を取り込むこともできそうだというリサーチ。

日本の技術や製品などの『商品力』が高いのは言うまでもありませんよね…。
これからインバウンド消費の競争を勝ち抜いていくために必要なのは、売り込み方であったり、言語を習得するなどがキーワードになってくるのでしょうね。

何にしろ、日本ブランドってすごいなって感じた記事でした。

ぜひぜひ皆さんも読んでくださいね。

2016年 トレンド予測『美容領域』




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.