みんなもう知ってる? 超十代-ULTRA TEENS FES 【十代の女の子のための体験型フェス】

『ネクスト50』 今までの50年を振り返るよりも、この先の50年を考える事が大事

これは設立50周年を迎える団体が、50周年を迎えるにあたり発信されている言葉です。

「50周年を迎えられて良かったね」って、自分たちの功績や歩みを讃えるより、もっともっと必要な事がある。

それは先の時代を築くこと…

「この先の50年をいかに見通すか…」
「先の時代を作るための基盤をどう作るか…」

こんな時代だからこそ…余計かもしれないけれど…

そんな風に考えている方がよっぽど建設的だと思います。

これからの日本を作るのはこれからの若い世代が作っていく。
もっと言って50年後の日本を作っているのは、今の「10代」だと思うんですね。

その10代の若者がワクワクできる夢や未来を魅せてあげられること…。
そして10代の若者がやりたいこと『アイデア』や『パワー』をオトナがちゃんと拾って応援してあげる…。

一時代を築いてきたオトナたちが今の若者のためにできることは『若者のかがやく場所』を作ってあげること…
見守って、応援して、背中を押してあげること…

そんな「若者のために一生懸命」な団体があるんですね。

若者を応援してあげたい。
「未来の日本を作るのは君たちだ」って言って、若者に様々な投資をしてくれている素敵なオトナがいるんですね。

僕も、この『超十代』って言うイベントの企画を聞かせていただいて、それを応援している団体があると聞いて、知った以上は応援をしなければいけないよねって思って、ブログに書いてます。

今、必要なことだと思うから…。

「世の中からなくなっていく仕事」って、機械やロボットが人間に取って代わったからなくなった…って言うのは間違いだそうです。

機械やロボットに取って代わる仕事は、世の中から必要とされているから、もっと効率的に…、そしてもっと多くのお客様に喜んでもらえるように…って言うことで、機械やロボットに取って代わっていくことは、とてもいいことだそうなんですね。

本当に「世の中からなくなっていく仕事」というのは、語り継がれなくなった仕事…とか、必要とされなくなった仕事だそうなんですね。

当たり前のことなんですが…、そうゆう事だそうです。

だからこそ「10代」の若者たちに様々な業界の夢や未来を魅せていく事って、業界の発展のためにとても必要な事だと思うんですよね。

美容業界でいえば「カリスマブーム」が起きたことによって、当時の若者に「美容師ってかっこいい」とか「美容師さんて素敵な仕事」っていう風に、多くの若者に夢や希望を与えたと思うんですね。

じゃあそれ以降の美容業界はどうだったのか?

カリスマブーム以降、若者たちに夢や希望を与える事が出来ていないのかもしれません。

でも、このまま「美容業界の良さや素晴らしさ」を語り継ぐ人がいなくなった時に、業界ってもっと廃っていくと思うんですよね。

なくなる仕事だとは思いませんが、大きな付加価値や感動を生まない業種になってしまうかもしれません…。

でも、今一度「美容業界の良さや素晴らしさ」を若者に伝えられたら…。
若者に夢や希望をもっともっと与える事ができたら…。

もし、そんな風に素晴らしい仕事っていう認識が広まったら、美容業界の生み出す付加価値や感動はもっと素晴らしいものになると思うんですよね。

話は、脱線しつつありますが…、だからこそこの「超十代」というイベントを応援したいと思ったんですよね。

そして応援しなければ…と思ったのです。

ちなみにこのイベントの運営はほとんど「超十代実行委員会」に任せているそうで、超リアルな10代のためのイベントになっているそう。

委員会メンバーも豪華ですよね。
スクリーンショット 2016-01-08 22.54.00
出典:超十代-ULTRA TEENS FES

スクリーンショット 2016-01-08 22.54.16
出典:超十代-ULTRA TEENS FES

ミーハーではないですが…、芸能人って「ワクワク」しますね。

これからも超十代を応援していきます。

みなさん2016年3月29日はぜひ幕張へ




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください