美容業界のメイン価値は何か?



業態のメイン価値を高める。

 

業態を構成している価値をまとめると下記の様になります。

◾︎立地・空間
◾︎営業形態
◾︎制度・仕組み
◾︎販売促進
◾︎メニュー
◾︎商品
◾︎接客

お客様がそのお店の業態や売りを判断するときに、判断の基準にしている項目になります。

では、上記の項目をメイン価値にしているのはどんな企業でしょうか?

【立地・空間】
立地空間を売りにしているの企業でわかりやすいのは、ドトールコーヒーとスターバックスですね。
どちらも便利な場所にあり、場面により使い分けされていますよね。
コーヒーを飲みに行く目的以上に重要な価値があるんですよね。

ドトールは待ち合わせまでのちょっと利用だったり、喫煙利用が多いですよね。
スターバックスはゆったりした時間、パソコンなどのノマド利用が多いですよね。

【営業形態】
営業携帯が売りになっているのは、コンビニですよね。
歩いて行ける範囲にあって、必要なものはちゃんと揃っていて24時間利用できる。
ある意味「冷蔵庫」ですよね。

【制度・仕組み】
コストコがこの部類に入るそうです。
コストコは、会費をもらう代わりに、安い値段でお買い物をしていただけるお店ですよね。
商品ではなく会費で利益を取っているそうです。
すべてのお客様が、何回も来られるわけではないので、十分利益化につながっているそうですね。

【販売促進】
楽天カードなんかがそうですね。
ポイントが貯まるから、楽天で買い物をしてしまう。
あとは購入金額のランクによって、ポイント率が変わるなどの戦略もありますよね。

【接客】
リッツカールトンなんかがそうですよね。
リッツカールトンのファンはホテルの設備求めるのではなく、おもてなしを求めて利用していますよね。

それでは、美容室の業態のメイン価値は何なのでしょうか?

美容室のメイン価値は【メニュー】と【商品】だと思っています。

 

お客様が美容業界に求めているのは、絶対に「結果が出る」事と「効果実感」がある事だと思っています。

お客様にちゃんとお店のメイン価値が伝わっているでしょうか?
美容室にとって一番大事なのは「カウンセリング力」と言われています。

お客様の悩みや要望を聞き出し、その日の施術に対してお客様にちゃんと「コミットする」事が大事ではないでしょうか?

ヘアスタイルの完成ではなく、なりたい女性像の実現がコミットですよね。

自分たちがお客様に提供するメインの価値は何なのか?
今一度、お客様にとって必要なサロンになれているのか見直していきたいですね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



“"




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.