角度を変えて捉えてみる


“"

物事って、角度を変えると全然違う見え方になることってあるんですね。
そして、伝え方に関してもどのように伝えるのかによって、受け手の捉え方が変わり、結果も大きく変わってくることってありますよね。

あるおはなし

大勢の人々が行き交う広場の隅っこで物乞いをしている一人の老人がいました。
その老人は地べたにゴザを敷いて座り、自分の前にはお金を入れてもらうためのカゴを置き、傍にはこう書いた段ボールの切れ端を立てかけてありました。

「私は目が見えません…。 …お金を下さい。」と書いてありました。

その老人の前を誰も見向きもしないまま、人々が過ぎ去っていきます。

そこに一人の女性がやってきて、段ボールに書いた文字を書き直したのです。

すると、その女性が去ったあと、前を通る人が次々にお金を入れていきます。

彼女は何をかいたのか…?

こう書いてあったそうです。

「今日はとてもいい天気ですね。

 …でも、私にはこの素晴らしい景色が見えないんです。」

あくまでたとえ話だとは思うのですが、こうゆうことだと思うんです。

人の心にどう訴えかけるのか?

その訴え方を、どう変えるのか?

お客様へ対しても、スタッフに対しても、ちょっとした伝え方で何か変わるかもしれませんね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



“"






コメントを残す