みなさんに知ってもらいたい美容師さんのこと

美容師さんって、とても華やかなイメージがあるでしょうか?
同時に一般的に厳しい仕事、きつい仕事という印象もあるのかもしれません。

これは美容師さんにも美容室のお客様にも知ってもらいたい美容師さんのお話です。

■どうやって美容師になるの?

美容師は国家資格の美容師免許が必要な仕事で、一般的には高校卒業後に専門学校に入学して、卒業後に美容師免許を取得して、美容室に就職します。

美容師以外にも美容師免許が必要な仕事でいうとアイラッシュを施すアイリストなどがあります。

美容室で働くには美容学校卒業後に就職する方法や高校卒業後にそのまま就職して、通信制の美容学校に入学する方法もあります。

■美容学校では何をするの?

美容学校に入学後ですが、美容学校は一般的には美容師免許の取得(合格率)に重きを置きます。
それも当然、美容師免許試験の受験資格は、美容学校を卒業していることが条件なので、そもそも免許を取るために入学しています。
なので、免許取得に必要な学科に加え、実技などの授業も入ってきます。

それ以外にも就職先で生かせる技術を習得するため、エステやネイルなどに視野を広げ、美容全般の知識や技術を学びます。

授業以外にも海外研修やコンテストがあったり、とても多忙な学生生活です。

通信生は、夏休み期間などのわずかな時間で必要単位の受講と技術向上のための自習や補講などがあり、それも仕事の合間にいかなければいけないので忙しいかもしれません。

■美容室就職後は?

美容室に就職してからは、実際にサロンワークを重ねながら実践的な技術を覚えていくほか、勤務時間以外にレッスンを重ねて技術を覚えていきます。
はじめはアシスタントとしてシャンプーを中心とした先輩のお手伝いをし、いろいろな技術をひとつずつ覚えながらスタイリストとしてデビューしていきます。

デビューまでの期間は個人差がありますが、早くて1年ぐらい、長い方は5年以上の経験を必要とすると言われています。

デビュー後もお客様の満足のために様々な講習に参加し、自分の資質を向上しているスタイリストも少なくありません。

■それでは美容師さんの現状は?

では、現在美容師免許を持っている人数は?
美容師免許保持者は、約120万人と言われています。

では、その中で美容室で働いている人数は?
美容室従事者は、約47万人と言われています。

フルタイムの正社員以外にも派遣やパートも含めての人数にはなりますが、このくらいの人数と言われています。

免許取得後の就業率は39%ということになりますよね。
一般的な資格と比較すると就業率はちょっと低いのかもしれません。

美容室の離職率についても書いた記事がありましたが、

10年後に美容師を続けている人は10%にも満たないですね。

【美容師の離職率について】
http://nobu.website/message/474

■で何が言いたいの?

ここまで、美容師さんの現状をあまりいい表現では書けていないかもしれません。
こんな風に書かなくてもいいのかもしれません。

それでもこの現状を書いたのは「一生懸命頑張っている現役の美容師さん」は本当にすごいと思っているからです。

こんなに大変な道のりをお客様のために一生懸命に歩んできて、お客様の笑顔や喜びを創造している美容師さんは本当にすごいです。

前にも書きましたがスタイリストになるまでにかかる費用を計算すると約600万円と言われています。

【美容師になるのにかかる費用】
http://nobu.website/message/238

この記事でも書きましたが、たくさんの時間とお金を投資したからこそ美容師を続けて欲しいって思います。

■美容室をご利用されるお客様へ

美容師という仕事は、前にも書いた通りたくさんのレッスンや現場での経験を必要とします。

美容師さんが仕事の時間以外に最低でも月に50時間は、ミーティングやレッスン、専門書での勉強などを行っていると言われています。
特にスタイリストデビューまでの期間や、デビュー間もない頃は、平均して月100時間はレッスンなどに時間を費やしていると言われています。

そして、スタイリストになっても、店長になっても同じように時間の投資はつきません。先輩に教わった技術を今度は後輩に教えてあげるという役割もあります。

一般的な労働時間が、180〜210時間だとすると、レッスンに占める時間がすごく多いことをわかっていただけますでしょうか?

みなさまを担当させていただいている美容師さんは、これくらいの経験を経てお客様を担当されていることだろうと思います。

よくお客様からは「上手い美容師さん希望」や「ベテランの美容師がいい」などのお声をいただくこともありますが、私ども美容師からすれば、みんなオススメの美容師です。

特に日本の美容は、技術においても、接客やカウンセリングにおいても世界をリードしていると言われています。安心していただければと思います。

そしてお客様のためにすごく努力している業界ということを少しでも知っていただければ幸いです。

■頑張っている美容師さんへ

本当に今回書いた通り、美容師さんは大変なお仕事かもしれません。
でも、これだけの経験を積んで身につけた技術だからこそ、辞めないで欲しいと思っています。
よく人間関係のトラブルで辞めてしまう話も聞きますが、業界を去ってしまうのはとてももったいないです。

そしてアシスタントの面倒を見てくれているスタイリストさんへ

後輩の可能性を信じてあげてください。

 

要領が悪くて、何回も同じようなことを言わせる後輩でも、過去にたくさんの投資をして美容師を目指してくれた大切な人財です。

1年で5割、3年で8割が辞めてしまうと言われる業界で、今まで続けてくれているだけで、とても頑張ってくれているいい人財なのです。

人が集まるお店に、お客様も集まります。
たくさんの仲間を受け入れ、育ててあげられる懐の大きさ、深さを持って仕事を楽しんでいきましょう。

そして自分の仕事に誇りを持ってお客様に接していきましょう。

これからもみなさまの美容人生が楽しく幸せでありますように…。




7 件のコメント

    • 初めまして。
      自分の知り合いの娘さんが、必死に頑張って去年念願叶って、スタイリストになりました。
      それはそれはもう、端から見てるだけで頭が下がりました。
      美容師さんは、生半可な気持ちでは成れるものではないと痛感しています。
      遊びたい盛りに、それを犠牲にして初心を貫く…今のチャラチャラした若者に見習って欲しいと切に思います。
      どうか美容師の皆さんには、自分の体調管理に充分注意して頂いて一人でも多くの方を笑顔にして頂きたいです。
      自分は、美容の事には全くのど素人ですが、先に書いた娘さんを目の当たりにして、密かにそして細やかではありますが美容師さんを応援しています。
      くれぐれも、お身体は気を付けて頑張ってくださいね✌

      • ひとりライダーさん
        ありがとうございます☆
        本当に美容師になるのは大変ですがその分楽しい仕事ですし、一生の仕事にできる素敵な職業です。

        本当に暖かいお言葉ありがとうございます

  • Facebookから拝見しました。美容師を目指す方、美容師の方はとても嬉しい記事なのだろうと思います。私は美容師ではありません。ですが、勉強になりました。働き続けている美容師さんの凄さを感じました。
    一つ言わせていただくとしたら、上手い美容師さんをオーダーするのは当たり前なのでは?と思います。経験が技術に比例するのでは、と顧客は思うからです。失敗したくない、インターネットで見た画像のようにしてもらいたい、イメージを叶えてくれる人がいいと思うのが顧客の心理です。
    みんなオススメの美容師さんと言えるお店は素晴らしいと思います。
    執筆に勇気がいったのではないかと勝手に想像しておりますが、貴重な記事に巡り会えた事に感謝です。
    ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。

      自分たちが働いてる業界の事って、長く働いている
      ほど、客観視できなくなるんですよね。

      それで、業界の当たり前として捉えてしまう。

      でも、まずは自分たちの業界に誇りが持てることが大事だと思っています。

      そして、その上で、おっしゃる通りに美容師としての技術や資質は大事ですよね。

      良い業界にしたいからこそ、考えなきゃいけ無い事はたくさんあると思っています。

      こうやってコメントいただけるのも嬉しい事です。

      ありがとうございます^_^

  • コメントを残す