コンテストが美容業界において果たす役割



もうすぐ美容のコンテストがありますね。
初めて参加する人、何度も参加する人、本気で賞を狙って取り組む人、なんとなく参加する人…。

いろいろな取り組み方、いろいろな心持ちでコンテストに参加されるのではないでしょうか?

僕自身コンテストの実行委員長など関わらせていただく中で感じる事を少し整理して書こうと思います。

◼︎参加している側の時のこと一応書いてみる。

僕は単純にコンテストに参加するのが好きな方だったので、単純に楽しんで参加していました。
楽しんで参加しているというのと、検定などの営業にそったレッスンでは自慢できるほどの成果が出ておらず、コンテストのレッスンをする事で好きな方に逃げていた…。
というのもあるのかもしれません。

◼︎で、コンテストを運営する側に回ってから思う事。

コンテストの趣旨ってたくさんあると思います。主催団体の方針だったり、コンテストの方針だったりあるので…。

ただ本当に思う事は「みなさんの成長につながって欲しい」の一つなんですね。

コンテストを運営する理由なんてそれだけの理由だと思うんですね。

だから運営側が考えていることは、コンテストではなるべく多くの賞を出したいし、何だったらみんなに賞をあげたい。
ということだけです。

ただ実際には運営している中で、審査の時間や予算の都合で全部の順位を出す事もすべてに表彰状を出す事も難しいです。

参加したスタッフが「表彰」される事で、自分の技術や自分がしてきた努力に自身を持って欲しいと思っています。

ちゃんと評価される場面を作ってあげたいんですね。
それは入賞してもしなくても、今の自分の立ち位置がわかるという意味では、コンテストって大きな役割を果たしていると思っています。

たくさんの成功体験を積むことができるチャンスでしかないと思っています。

たまにコンテストにスレていると言うのでしょうか?
コンテストの格付けをしている人もいるんですよね。

このコンテストはレベルが低いとか、このコンテストはレベルが高いとか勝手にランク付けしてる美容師さんもいます。
だからこのコンテストは入賞しても嬉しくないとか、キャリアにつながらないとか…、たまに聞きます。

それでもコンテストのそもそもの目的は、そんなことじゃないと思っています。
本当に大切なことは、頑張っている人に焦点を当てること、人を讃えてあげる事だと思っていて、どんなコンテストでも入賞したらちゃんと讃えてあげる。
そのことが大事だと思っています。

だから、同じサロンで働く仲間がコンテストに出る時は精一杯応援してあげて欲しいし、そのスタッフが賞をとったら手がちぎれるくらい拍手してあげて欲しいです。

◼︎コンテストなんて、本当に赤字のイベント

そもそもこれは大前提です。
…だと思っています。
赤字というと聞こえが悪いですよね。
コンテストは投資イベントです。

はっきり言って、コンテストを主催して儲かることはありません。

それは、美容団体のコンテストであろうと、メーカー主催のコンテストであろうと…。
どんなに高いエントリフィーをとっても、赤字なく終わってるコンテストなんてないと思います。

そして、当たり前の話ですがコンテストなんて赤字で結構です。

くどいけど投資なんですよね…。

 

儲けようとする方が、そもそも考え方がおかしいと思っています。

では、なぜ赤字のイベントなのに、どんなに不景気でもコンテストは無くならないか…。

それは、人の成長や可能性を信じているから…。
美容業界で働く一人一人の成長を期待してのことです。

すこしでも、みなさんの成長のために、成長できるきっかけとして、コンテストが役に立つのなら、どんなに人手がかかろうかどんなにお金がかかろうが、どんなに時間がかかろうと、それは未来の美容業界への投資です。

だから美容メーカーも、美容室経営者の団体でもコンテストに投資しているんです。
いつか皆さんの成長という「成果」が返ってくることを期待して、そして業界の発展として返ってくるのを期待して投資をしていると思います。

だからこそできる限りコンテストには皆さんに参加してもらいたいと思います。
多くの美容室経営者の想いをくみ取り、メーカーの期待をくみ取り、自分に与えられたステージをチャンスと捉えてチャレンジして欲しいと思っているんですね。

なので、自分がコンテストの実行委員長をさせていただく上で本当に感じてることは、いかにみなさんから預かったお金をどうやっていいように運用するか…。

なんですよね。

それは、エントリーフィーにしても協賛金にしても、僕の取り組み方や判断の仕方でいい投資にも悪い投資にもなってしまう。

本当に色んなコンテストを見て感じています。

だからこそ美容業界に投資しているメーカーに感動したんですよね。

その記事はこちらNapla Dream Plus2015

 

そして、だからこそ高い費用をとって利益を出している。美容業界を食い物にしている求人イベントに違和感を感じているんですよね。

その記事はこちら美容業界の求人に感じる違和感

全部がそんなイベントばかりじゃないとちゃんと感じてますが…。

業界の未来を担う自分自身の可能性を信じて、頑張っていきましょう!

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




2 件のコメント

  • はじめまして。大阪の美容ディーラーで働いてる小川といいます。弊社でも秋にコンクールを開催します。
    近年、参加者が減り苦労しています。

    何か美容師さんに興味をもってもらう為に記事を探している時にノブ様の投稿を目にしました。大変興味深く拝見しました。

    FBでのシェアを承認して頂きたくメッセージしました。よろしくご検討ください。

    • 小川様
      コメントありがとうございます。

      コンテストは何度か実行委員をさせていただいているのですが、本当に選手数の減少には寂しさを感じますね。
      シェアいただけるのはとても嬉しいです。

      記事に共感いただけてありがたいです。
      ぜひシェアください

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください