幸福感



「幸福感こそが私たちの提供する商品」

これは有名なテーマパークの根底にある考え方だそうで、お客様に嬉しい、楽しいといった気持ち(ハピネス)を提供することが、従業員の目指すゴールだそうです。

美容師もそうかもしれないですよね。
確かに、ヘアスタイリングの技術という商品はありますが、その商品こそがお客様の求めているものではなく、美容師とのコミュニケーションの中で「悩みの解消」ができたり、「自分に自信」が持てたりする、お客様が感じる変化こそが本当の「商品価値」ではないでしょうか?

私たちが提供する商品はお客様に幸福感を感じてもらう事ではないでしょうか?

そして、幸福感の特徴は…?

形として確認できないもの。
保存できないもの。

なんですよね。

在庫を抱える事なく、お客様に付加価値を提供できる。サービス業にとっては大切なものですよね。

お客様は体験を買うこと、時間を買うこと、など、様々な商品やサービスに対してお金を支払われます。

お客様が美容室に何を求めて来られているのか、今一度考えてみましょう。

あと「幸福感」は自分自身の行動で変化するそうです。

幸福感を増加させる、持続させる方法についても、また後日書いてみようと思います。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.