美容院を変える理由



ずっと来られていたお客様が突然来られなくなった…。
長年同じお店で働いているスタイリストさんだったら、感じられた事があるのではないでしょうか?

これは10年通った美容室を変えられた経験のある方の生の声。

■美容師さんの慣れ

具体的にどうとかはないけれど、美容師さんが自分に接してくる態度に慣れがあるのじゃないかなぁって感じるようになってきて、いつもきてくれるお客様だからいっか…?といった雰囲気を感じてしまっため。

お店が忙しくなってきた時に、いつも来ているからなのか、ちょっと待ってくださいと言って待たされる事がとても多い感じがある。
新規のお客様など、他のお客様の方ばかりきにかけて、自分の事はほったらかし…。

■料金が不透明

ずっと担当してもらっているのですが、何年かに一度カット料金が上がっていく。
カラーやトリートメントも知らないうちに値段が上がっているように感じます。

特にカットは、はじめに通った時よりも1,000円以上も上がっている。
独身で自由にお金をつかえた昔とは違うから、もう通えないかな?

■スタイルのマンネリ化

長い事通ってみて、いろいろなスタイルにはチャレンジしたけれども、だんだんと好きなイメージやタイプもわかってきたのか、聞いてくるのは長さや量の事ばかり …。
本当はイメージも変えたいし、前髪も作りたいのに提案してくれない …。

■お店のシステムに不満

 

いつも折込チラシで入ってくるキャンペーンのお知らせは、初めてのお客様に向けた割引ばかり …。
チラシは年間に何回も入ってくるけど、いつも利用のお客様が使えるクーポンはなし…。
たまに、いつもお客様向けにキャンペーンのハガキが届いたかと思うと、お誕生日割引の年一回のクーポンのみ …。

お客様が美容室を変えられる時って結構いろいろな理由があるんですね。
今やブログやSNSでいろいろな方の悩みや考えている事など見えやすくなってきましたよね。

年代によって、不満に感じられる事や期待される事って変わると思うのですが、いかにお客様の心の変化に気が付けるかって大事ですよね。

美容師さんってお客様から指名を頂くとついつい、また来てもらえるとか、固定客っていう風に考えがちですが、固定客っていう考え方って本当に間違っていると思うんですよね。

お客様に常に来ていただくためには、お客様の求められる、その時その時のニーズに気づける事、その先にお客様が感じられるだろう欲求や不満に先回りして気づけるか?が大事ではないでしょうか?

お客様は、毎回特別扱いしてほしいものだそうです。

当たり前の事ですが、毎回新鮮な気持ちでお客様に向き合い、お客様おひとりおひとりに合わせた特別扱いができる私たちでいたいですね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す