えこひいき戦略



“"

先日、カルテの話も書きましたが、お客様の年間使われる金額をカルテに記せていますか?

 

お客様のランクを分けるというのは、あまり良くない考え方かもしれませんが、いつもお世話になっている大切なお客様を大切にできているか?っていう考え方で捉えると、とても重要なことだと思います。
例えば

 

A客 12万以上
B客 6万以上
C客 それ以下
と分けたとしましょう。

 

A客 = VIP客(伝道師)
B客 = ファン客
C客 = 流動客
と言った感じでしょうか?

 

そうすると、
C客をB客にランクアップする戦略
B客をA客にランクアップする戦略
っていう風に、お客様ごとにご案内する方法も変わってきますよね。

 

なので、DMひとつ取っても書く内容が変わってきます。

 

同じランクでも、

 

毎月来店
平均単価5000円のお客様

 

3カ月1回来店
平均単価15000円のお客様

 

単価アップのためのプチ提案なのか…
来店促進の次回提案なのか…

 

顧客のタイプによってアプローチの内容も変わってきますよね。

 

この点に関しては、来店周期、客単価のクロス分析の考え方もありますので、また機会があれば詳しく書いて行きますね。

 

お客様にとってニーズ、ウォンツは様々です。

 

ただ、どんなお客様もまずは来店回数です。
お客様との接点が多い方が、必ずファンにできます。
まずはファンにすること、それから、VIP客に育てて行くことがとても重要だと思います。

 

毎月来ていただけるお客様の名前を何人言えますか?
今一度、大切なお客様のためにできることを考えてみませんか?

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください