下限商品を考える

下限商品という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

一般的に小売業や飲食店でよく使われる表現だそうなのですが、下限商品とはそのお店で一番安い商品のことを指します。

ある商圏の範囲で一番を取ろうと思ったら、その商圏範囲の最下限の価格帯の商品やサービスを充実させるといいと言われています。
というのも、最下限の商品がより高価な商品の売上にも影響を及ぼすからです。

例えば「初めて行ったお店だから、まずは安いものを…」と、お客様が最下限の商品を購入されたとします。
お客様の感想は大きく2つに分けるとこうではないでしょうか?

①安いには安い理由があるな。次は買わないかな。
②安い割にはすごくいい商品だった。また買いたいな。

①の場合は単純に失客ですよね。
②の場合は、安くてもいい商品だったから、今度は高いものを買ってみようかなって、思う可能性が高いですよね。

このように、お客様がお店を判断するときに下限商品の質というものをすごく重視されているのがわかるでしょうか?

そして、ここでいう下限商品とは単に「商品」や「サービス」だけではなく、そこで働くスタッフたちも指すということです。

下限商品という表現を「人」に対して使うのは誤解があるかもしれませんが、お店のスタッフ全体を考えたときには「新入社員」が下限の商品にあたります。

つまり、新入社員をみて、会社やお店のイメージが決まっているということです。

新入社員でもとても良く教育されていて「好印象な応対」を提供できていた場合、とてもいい会社、お店としてお客様の目にうつりますよね。

そう考えると、新人教育やアシスタント教育に時間や費用の投資をすることは重要なことになってきますよね。

自分たちのお店では、何が下限商品に当たるか考えてみて、商品力の強化を考えてみましょう。

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください