新卒生が重視するアットホームなサロンとは? 

先日面接に来られたネイリストさんの話。

学校内の企業説明会にて、弊社に興味を持って頂き、店舗の見学から、面接となりました。

いろいろとお話をする中で、なぜ弊社に応募したのか聞いてみました。

他にもサロン見学には、大阪の大手ヘアサロン、大手セットサロンを見学してきたそうです。

その中でも、弊社を選んだ理由は、みんな仲が良さそうだから…、との事でした。

美容の仕事はチームでする仕事だからこそ、一緒に働く人の仲が良いサロンで働きたいと言ってくれていました。

あとは、お客様を担当させて頂けるのが早いというのが魅力的と言っ手くれていました。

近年の美容学生が就職先に「アットホームな雰囲気」や「仲の良いサロン」を希望する学生が多いと、確かに良く聞きます。

アットホームを求める学生の「真意」って考えてみた事がありますか?

美容学生が「アットホーム」の次に就職先に求める事は、教育がしっかりしているかどうか、だそうです。

そして、教育というのも「カリキュラム」や「キャリアプラン」などのシステムにはあまり興味が無いそうです。

それよりは、実際にどのように自分が学んでいけるかどうか、の方が重要だそう。

店内での「合同レッスン」があるか?外部講師を呼んでの「着付け講習」や「カット講習」があるのか、お客様に入った後も指導やアドバイスがもらえるのか?
その方が重要だと感じている学生が多いそう。

美容学生がサロンに求めている「アットホームな雰囲気」と言うのは、自分が成長できる環境なのか?

そこを見ている気がします。

仲が良いからこそ、自分の事を思って厳しい事を言ってくれる先輩がいる事。

仲が良いからこそ、自分の成長を一緒に喜んでくれる先輩がいる事。

職場環境が良く、のびのびとチャレンジできる事。

この辺りが重要なのではないでしょうか?

店舗を振り返った時にどうでしょうか?

アットホームなサロンでしょうか?
相手の事を思って、言い合える環境でしょうか?
人が成長できる環境でしょうか?
人の成長を喜べているでしょうか?

仲間がいる事のメリットで、良く言いますよね。
「喜びは倍に、悲しみは半分に」って。

ちょっと意識してみて、本当にアットホームなサロンになれているのか、考えてみるのも良いかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す