実働8時間労働のサロン運営



実働8時間の美容室を考えてみます。
社会の常識に合わせて、業態をクリエイトする。
実働8時間で成り立つ美容室をシュミレーションする。
同じ売上を10時間かけて達成するのか?8時間で達成するのか?
簡単な話、短い時間で同じ売上なら時給が高くなりますよね。
それなら、短い営業時間で同じ売上を建てられる戦略を考えてみるのもいいんじゃないかと思います。
なのでシュミレーションしてみます。
ワンスタ 60万円
月23日出勤として、1人あたり27,000円の売上が必要になります。

 

【A】短時間営業のお店
  営業時間 9:00-17:00
  カット         -16:00
           P.Co                     -15:00
           縮毛矯正      -14:00

 

ex) スタイリスト一人の場合
 カット単価 4,000円だと、最大7枠 =28,000円
  ギリギリですよね。
 カット単価 5,000円だと、最大7枠 =35,000円
  なんとかなりそうですよね。

 

 後者の方だと、少し休憩取れそうですね。

 

ex) アシスタントと2名の場合
 P.Co 最大6枠→1時間に1人で掛け持ちした場合。
 P.Co単価 8,000円のだと
  最大6枠 =48,000円
   赤字です。
 P.Co単価 10,000円の場合
  最大6枠 =60,000円
   ぼちぼちです。

 

【B】通常営業のお店
   営業時間 9:00-20:00
           早番   9:00-17:00
   遅番   12:00-20:00

 

Bみたいな組み方もできるかもしれませんね。
Aの場合は開店準備、閉店準備がありますよね。
Bの場合はどちらかだけで済むので、Bの方が結果効率的です。
お客様の目線で見てもBの方が現実的かもしれません。

 

本当に【B】の様な2交代制サロンが実現できたらすごいだろうなって思います。
スタイリストは、自由な時間がしっかり取れる。
アシスタントは、しっかりレッスンの時間が取れる。
いいサロンができるかもしれません。

 

はじめに、
「常識の枠を外した発想」と書きましたが、実はちょっと背伸びしたら届くのではないか?
とも感じます。

 

■カットを1時間で5,000円。
→実際やってるサロンありますよね。
→スパ込み1時間で5,000円でもいいですよね。
→2500円で30分でカットってのもアリだと思います。

 

■P.Coを2時間で10,000円。
→トリートメント込み2時間で10,000円ならできそうですよね。
→P.Coを90分で、7,500円ってのもアリですよね。
本当にできそうだと思うんです。
単価に見合った価値作り
感動を与える応対作り
技術レベルの向上
稼働率を高めていく予約管理
…などなど
やらなければいけないことはたくさんありますが
目標に取り組んでいきたいと思います。

 

そのためにも目の前のお客様に喜んでいただるように頑張って来ましょう。




コメントを残す