【弱い人】笑うホームレスを読んでみて感想

「弱い人」というのは負けた数が少ない。

もう負けるのが嫌だから、そもそも戦うことをしない。

だから、負けた数が圧倒的に少ない。

だから弱い。

負けた時の立て直し方を知らないのだ。
立て直し方を知らないから、決して負けないように、戦わない。で、負けない。

こうして弱い人のスパイラルに入る。

そして、もう負けたくないな、と思った。
負けないコツは、負けて終わらないことだ。

この一文は「笑うホームレス 〜10キロ太って、嫁もろた〜」という本の中に書かれていたものです。

すごく共感できたので、シェアします。

この本は、本屋さんにもAmazonにも売ってません。

ホームレス小谷さんが手売りしたはります。

チャレンジする事って大事だなって思います。
そして、チャレンジできる環境を作ることも大事だと思いました。

それは、自分のためにも、働くスタッフのためにも…。

チャレンジしないと、何も生まれない。
失敗したから気づく事もある。
成功したからわかる事もある。

でも、チャレンジしないと生まれないですよね。

福山雅治さんも、昔インタビューでこう答えていたらしいです。

「売れた方がいい。売れていないと、売れていない人が周りに集まってきて、『売れることが全てじゃないよね』という話になる。売れたこともないクセに」

多分、こういうことに似ているんだと思います。
チャレンジする人の周りには、同じようにチャレンジする人が集まってくる。

チャレンジしない、弱い人の周りには弱い人が集まってくる。

自分が何を選択するか。

すべて自分が決める。

何を決断するか。

何にチャレンジするか。

今日も一日頑張って行きましょう。

追記:ホームレス小谷さん好きすぎて、他にも記事書いてみた。
【すごく好きな人】ホームレス小谷さん

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください