ジャーゴンって知ってる?

じゃーごん?
ジャーゴン?
この「ジャーゴン」って初めて聞いたので、全然意味がわかりませんでした 。

ジャーゴン【jargon】

①専門用語。職業用語。

②訳のわからない言葉。チンプンカンプンな言葉。

って、事だそうです。

なんで、こんな事を書いたのかって…。

美容師さんは案外「むずかしい言葉」をお客様に対して使っているよ…。って事だそうです。
これは、美容メーカーの講師の方がおっしゃってたのですが、本当にそうだなって思ったので書いてみました。

美容師さんってお客様とコミュニケーションをとる上で「わかりやすい説明」って大事なのではないでしょうか?
お客様って「うんうん」って、うなずいてくれるけど…
「知らない」って思われるのが恥ずかしい…。
とりあえず「分かったフリ」をしておこう…。
っていうのが、実際のお客様の真理ではないでしょうか?

■美容師さんが使う専門用語でわかりにくいものってこんなのがあるそうです。

・セニング

・ネープ

・バング

・アウトバス

・コーム

・リタッチ

・ケラチン

・コラーゲン

・トーン

・トナー

多分あげればきりがないと思います。

IT系の用語であれば

DNSサーバー、クラウド、CSS、HTML、FTP

とか言われても分からないと思うんですよね。

それでも美容師さんって、ついつい使ってしまいますよね。
多分お客様からしたら「外国語」で話しされているように感じている方も多いのではないでしょうか?

まぁ、当たり前といえばそうなのですが、大事だなって思ったので書きました。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください