【これは美容師の使命だとおもう】キレイに対する危機感に気づいてあげる

これもメーカーのセミナーで聞いた話になります。

「美容師は物を売る仕事ではない。だからこそ、しなければいけない事がたくさんある」

こう初めにおっしゃったスタイリストさん。

女性は「キレイに対する危機感」といのを感じる瞬間があるそう。

仕事やプライベートなどで、ライフスタイルが変化する時。

重ねていく年齢において、ふと感じる瞬間がある。

人との出会いにおいて、ふと自分を見直した時。

女性が「キレイに対する危機感」を感じている時に、その事に気づけてますか?

女性は危機感を感じた時に、キレイにしよう、
いまよりも衰えないようにしようって、向上しよう、抗おうとする。

その時に、お客様の親身になって相談にのれる美容師さんって、素敵ですよね。

実はお客様が想像できていない「ライフスタイル」を提案することが大事だそう。

この先訪れるであろう危機感を伝えてあげて、その時はこうしましょう…。っていうのも大事。

でも、もっと大切なのは「お客様が想像できていない『もっとキレイになった自分』というライフスタイルに気づいてもらう事」が大事なんですよね。

「こんなにキレイになるなんて思わなかったけど、キレイになる事で自信が出てくる。もっと髪の毛を伸ばしてみたいと思う」

「髪の毛がキレイになったから、もっとパーマしたり、カラーを楽しんだりしたい」

「髪の毛を褒められて、ヘアスタイルだけでなく、メイクやファッションも楽しもうと思えるようになった」

こういう事が大事。

お客様が想像もしていなかったライフスタイルに気づく事で美意識が高くなる。

こういう提案を出来る美容師さんが素敵な美容師さんだそうです。

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.