【セミナーで聞いた事】サロンブランディングで重要なのはまず形を作る事

サロンブランディングや個人ブランディングを進める上で大切な事は「形」を作ること。

雑誌にしても、Webにしても、SNSにしても、発信するものの仕上がりやクオリティは大切。
お店から発信するものが、お店のイメージやお店のクオリティを決めてしまいます。

お店から発信される技術やスタイルが悪いと、そのお店の技術やクオリティに対してのレベルが低いと思われてしまいます。

なので、ミンクスは、スタイリストがSNSやWebに作品をアップする時に、レベルが低くないか、クオリティのチェックをしているそうです。
クオリティの基準に達しないと、作品を発信させないそう。

そしてクオリティの最低の基準は何か…。
仕上がりが「そのまま遊びに行きたくなるヘアスタイル」になっているか?という所をチェックするそうです。

◼︎そしてお客様に提供する技術において大事にしている事。

*テーマ性を持つ事
*ターゲットに合わせたヘアスタイルを作る
*デザインがお客様目線である
*再現しやすいデザインや機能性を重視していく事

だそうです。

スタイルを作る時にこう考えながら仕事をする事で、訓練できるそう。

*ヘアスタイルに名前を付けるなら?
*似合う顔型は?
*似合う髪質やカラーリングは?
*ファッションやメイクはどうする?

かなり前の講習の内容ですが、いつも考える事はお客様が中心ですよね。

今日も頑張って行きましょう

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.