【料金を頂く理由】サービス業における価格と価値について考える

税理士さんの講習に参加してみて、これは美容室にも共通することだなっていくつか共感できたことがありました。

その中の一つが料金を頂『理由』についての話。

料金が一律でない「業種」とかいくつかありますが、税理士さんもその業種に入るそうです。

企業が税理士さんを選ぶ基準って色々あるそうなんですが、もちろん『料金』というのも選択肢に入ってきますよね。

その税理士さんは昔「安い料金」で仕事を受けていたこともあるそうです。

でも、そうすると実際「安いなり」の仕事になってしまうそうなんですよね。

税理士さんの仕事は数字をつけるだけでなく、数字を元にして「現状分析」を行い、それに対して経営者の良き「理解者」になることも大事な仕事だそう。

でも「安い料金」で受けてしまうと…

お客様を「訪問」する時間が取れない。
「提案」を考える時間が取れない。
いくつもの案件を抱えないと利益が取れないので「レスポンス」が悪くなるそうです。

だから『いい仕事』をするところに重点をおくなら、それなりの『料金』をいただかないと商品を提供できないというのが本当のところではないでしょうか?

そして『料金』を頂くことの理由をしっかりとお客様にお伝えすることが大事だそう。

自分たちの「商品価値」ですよね。

ちゃんと「商品価値」を伝えるからこそ、自分たちの仕事に責任が持てますよね。

自分たちの仕事の価値について振り返り、仕事の価値を高めることに注力していきたいですね。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.