「仕事は与えられるものではなく、仕事は創り出すもの」

仕事に対して、どういう意識を持っているかというのが大切ですよね…。
という話。

「仕事は与えられるもの」と考える人と「仕事は創り出すもの」と思っている人とでは、すごい差があると思います。

差があるって何か?
極端に言えば、将来的な収入の格差も生まれる可能性もあるのでないでしょうか?

◼︎「与えられる仕事」って?

与えられる仕事は、とても簡単で、誰にでもできる仕事だと思うんですね。

誰にでもできるから、代わりなんてたくさんいる。
誰にでもできる仕事だから賃金もそんなに良くなくて、ほぼ最低賃金に近い仕事しかない。

一般的に求人募集などで様々な仕事の内容や時給などを目にして思います。

◼︎それに比べて「仕事は創り出すもの」だと考えるとどうか…。

誰もめんどくさくて手をつけないこと…。
誰かがこういう事で悩んでいるだろうな、っていうこと…。
実は、こういう素晴らしいモノ(製品、資質)がある…。

など、仕事は日常の中に溢れているもの。
こういうことをすれば、何かの役に立てるかもしれないと考えると仕事はいくらでも見つかると言われています。

これに近いことは、ドラ天講習の吉村先生も言っておられたことになります。

◼︎「ニーズの世界」と「ウォンツの世界」

ニーズの世界で必要とされる仕事は、ある程度このくらい…と言う仕事の目安と料金のの目安が出来上がっている…。
いわゆる相場と言われるもの。

しかし、ウォンツの世界では、値決めはこちらができる。
自分たちにしか出来ない。
自分たちしかやらない。
からこそ、競争のないところで自分たちがやりたいことができる。

そういうふうに仕事を捉えるからこそ、そこに格差も生まれるのではないでしょうか。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.