意識を行動に変えた

いつも勉強会でお世話になっている他サロンのマネージャーさんが言われていたこと。

「意識を行動に変えた」

というのが、お店の結果を作るためにまず始めたことだそうです。

よく「何かをしたい」だとか、ミーティングで「こんなことをしよう」と決めたりだとか、やろうと思うことを思い描いたり…、願望を持ったりすることは良くあること…。

物事を決めたり、意識することは簡単。

でも、実際に行動に起こすことができていないことってたくさんありませんか?

そう考えて、まずはなんでも意識を行動に変える作業をしたそうです。

すると、意識は目に見えないけれど、行動は目に見える…、人に伝わるんですね。

結果を作るのは仕組みじゃない…。

結果を作るのは単純に行動なんですよね。

そして「意識を行動に変えた」こと以外に意識して取り組んだことは、目標を個人の目標にしたこと。

数の原理ではないですが、目標をみんなの目標と捉えると、みんなの目標だから、誰かが頑張るんじゃないか…。
自分くらいは大丈夫じゃないかって、手を抜く雰囲気が出てしまうそうです。

お店として取り組んだことは、目標を個人の目標に落としこみ、ひとりひとりの役割を明確にしたことだそうです。

そして、そうすることで、みんなが頑張ったからお店の目標が達成できた…。
という意識にも変わっていったそうです。

12月はギネスを狙う月…。

頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください