社員への手紙2015年12月31日

2015年 皆様には大変お世話になりました。

皆様のご理解とご協力のおかげ様で、企業として成長を続けることができました。

スタッフの皆さんがお客様から支持され決算期末でご奉仕高(売上)の向上、創造高(利益)の向上に繋げることができました。

そのみなさんの成果のおかげもあり、社会保険の加入を果たすことができました。
ひとつ企業としての環境が整ったように思います。

本当にありがとうございます。

みなさん今年のスローガンを覚えておられるでしょうか?

■スローガン

『みんなが幸せになれる会社作り』〜理念の浸透〜

■基本方針

【社員教育の充実】
幹部教育(自主活性型幹部の育成)
スタイリスト育成(10ヶ月プログラムによる実践教育)
ブランディングの強化(フォト&ショー)

【社員満足の追求】
楽しんで仕事ができる環境づくり
1円でも多く給与に還元する
社員の意見を経営に取り入れる

■営業方針

【ご奉仕高3億円の達成】
技術ご奉仕高 2億3000万円
店販ご奉仕高   3000万円

【材料比率12%の達成】
昨年対比 -1%を目指す

■営業戦略

【エコひいき戦略】
顧客に優しく環境にもやさしいサロン

【エイジングマネジメント】
正しい美容習慣とインナービューティーの強化

というようなことを掲げて一年間取り組んできました。

まだまだ会社として浸透させきれていない部分もありますが、今年一年を通して、根本にある想いは『みんなが幸せになれること』でした。

2016年もスローガンを掲げ取り組んでまいりますので、皆様よろしくお願いします。

先月の手紙にも書きましたが「12月はお客様に感謝の気持ちを伝えられる大切な月」ですよね。
それと同時にたくさんの「ありがとう」をお客様からいただける月だと思っています。

一年間を通して自分たちがお客様にどれだけ「価値提供」できたか?
どれだけのお客様満足を考えた行動ができたか?
その結果がお客様からいただける「ありがとう」の数であったり、ご奉仕高につながるのではないでしょうか?

お客様から頂いた『ありがとう』の数や『ご奉仕高』の結果はいかがでしたでしょうか?

自分の中のギネスを作ることができたでしょうか?

立場や役割によって、求める成果は変わってくると思います。
「会社全体の発展」や「お店のご奉仕高」はたまた「個人のご奉仕高」や「検定の合格数」など、一人一人の課題やカベは違います。

それでも一年を通じて、何をなす事が出来たか、何が成果だったのかの振り返りをする事は大事ですよね。

その上で、2016年はどんな目標にするのか?
成長している自分を想像し行動を始める事が、また2016年のギネスを作る事に繋がるのではないでしょうか?

「終わり良ければ、すべて良し」といいますが、一年を振り返り、「良かった」と一旦、句読点を打つことも大事ではないかと思います。

自分なりに一年を総括し、一旦、句読点を打って一年を締めくくる。
区切りをつけるからこそ新年も気持ち良くスタートできるのではないでしょうか?

会社は年中無休のため、なかなか一年の切り替えはしにくいかもしれませんが、お正月を境にしっかり気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。

2015年は大変お世話になりました。
2016年もよろしくお願い致します。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください