覚悟を持つこと

年末の振り返りからのスタートですが…。

これも年末に向けて、幹部の皆さんに送ったメッセージ。

それこそ「幹部の皆さんは頑張っている」というのはすごく認識しているのですが、同じように評価したいスタッフが多いのも事実。

いただいている仕事に対して「覚悟」を持つことは大切だなって思って、年末の忙しい時期だけどあえて送ったメッセージ。

いいスタッフに恵まれて感謝ですね。

=====
=====

もう本当にあとわずかで年が明けます。

2016年にさしかかれば、あっという間に成人式が来て…、決起集会が来て…、という風にあっという間に時間が過ぎていくと思います。

1月からはまた新しい辞令を…、と思い、いろいろ人事について考えたりしています。

もちろん会長にも役員にも相談はしますし、来年の人事にについては、役員一同いろいろと話し合い考えております。

おそらく決起集会ギリギリまで、人事についてはいろいろな仮説を立て、スタッフと対話し、進めていくものと感じています。

決起集会の皆勤や勤続年数、また褒賞などの表彰は過去をねぎらうもの…。

辞令や人事は未来を創るものだと考えています。
だからこそ、みんなに公平にチャンスを与えたいと思い、なかなか答えも出ませんが役員と毎日のように話をしています。

平等とは、頑張りや成果に関係なく同じもの(チャンス)を与える事。

公平とは、頑張りや成果など、それぞれの状況に合わせて条件(チャンス)を与える事。

だと思っています。

その中で、今年成長したと思える。みんな意見から評価に値するスタッフには、来年チャンスを与えてあげたい…。

成長できるステージを用意したい。
役員は、そんな思いを持っています。

大前提として皆さんの頑張りはすごく認めています。そこで、今一度みんなで強く認識しておきたい事。

それは「ポスト」は一つしかないという事…。

日創研の研修でもありますが、リーダーには1人しかなれません。

同じように店長は1人しかなれません。
店長を2人のスタッフがしたくても、店長には1人しかなれないのです。

一つしかない「ポスト」についているという事は、言い換えれば「誰かのチャンスを頂いている」ということ。

成長の機会を頂いている事だと思っています。

ある美容室のオーナーさんに言われた事で「あなたが手を抜く事で、スタッフの成長が止まる」「人からチャンスを頂いたあなたには、成長する義務がある」と教えてもらいました。

簡単に言うと「幹部としての覚悟が大事」

他の人に「役職を奪われない」と言える。
自分が「幹部である理由」を持っていますか?
自分の「幹部の仕事」を他のスタッフに引き継げるくらい、仕事をものにしていますか?
そして、他のスタッフに仕事を引き継げるくらい今の仕事をやりきり、次のステージが見えていますか?

いろいろ考える事って多いな…って思ったのと、自分への落とし込みのために書いております。

そして、役職に対して持つべき「責任とプライド」に気づかせてくれる熱い役員がいます。

現状に甘えちゃいけない…。
後輩に背中を見せなければいけない…。
責任の思いものから一枚岩にならないといけない。

いろいろと気づかせてくれる役員がいます。

本当にいい会社でいい仲間がいるからこそ、来年は今年以上にいい一年にしていきたい。

そんな思いをとどめておきたいので書きました。

今年もあと少し…。

各店とも、一年間のうちで一番いい成績を作れているのではないでしょうか?

まだまだギネスに挑戦!

頑張っていきましょう。

=====
=====

今年も頑張っていきますよ!




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください