美容室におけるクロス分析

一般的なマーケティングにおける「クロス分析」と美容室における「クロス分析」というのは、捉え方であったり活用方法が違ったりするのかもしれません。
ただ美容室におけるクロス分析の意味合いとは、割とお客様の「ランク分析」に活用されていることが多いですよね。

「年間利用金額」×「年間利用回数」によって分類する考え方ですよね。
新しいPOSレジには集計するソフトが入っていますよね。

今回うちが分類で出してみたのはこちら

■年間利用金額の軸
①20万円以上
②14万円以上
③8万円以上
④4万円以上
⑤それ以下

■年間利用回数の軸
①16回以上
②12回以上
③8回以上
④4回以上
⑤それ以下

となるので『年間利用金額①』×『年間利用回数①』のお客様がSランク級のVIP客になるというマーケティングですよね。

では各店どの層のお客様が多いのか?
そのお客様のニーズにあったお店作りになっているのか?
「多い層」を次にどのランクに上げていけば売上が上がるのか?
そのために必要なステップの課題は『来店回数アップ』なのか?『利用単価アップ』なのか?

そのあたりの戦略分析をしていくことが大事。

また、その層に対してどのように『DM』や『メール』を発信していけば反応があるのか?
そのあたりを考えていくことも『戦略』において重要な事柄ですよね。

よく「上位のお客様3割が売上の半分以上の売上を占めている」とも言われます。

新規を呼ぶマーケティングよりも、顧客をファン化するマーケティングの方が『価値』を高めることに繋がりやすく『ワクワク』できることも多いと思っています。

そして『美容師の価値』を高めていくのも「顧客をファン化すること」や「仕事の価値を高めていくこと」が重要だと思っています。

自分のサロンでは、どの層の顧客を増やしていきたいのか?
その層を増やすための戦略はなんなのか?を考えていかないといけないですね。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください