成功する人はケンカをしない

成功する人はケンカをしない

これは何かの本に書いてあったことなのですが…。

優秀な人、成功する人はケンカをしないと書いてありました。

だいぶ要約して書いておくと、こう…。

いつまでも「勝敗」にこだわる人は、いつまでもケンカをしている。
そして勝敗にこだわる人たちは「自分の正しさ」を守るために、相手の主張を攻撃する。
自分のために仕事に取り組んでいる人だそうです。
そこにはお客様のため、世の中のためといった、本来なら仕事に取り組む上で忘れてはいけないことを忘れて、自分のために仕事に取り組んでいるんだそう。

一方で優秀な人、成功する人は、お客様にとって「いいもの」を提供するために仕事に取り組むので「自分の正しさ」に固執する人たちを相手にしないそうです。

もちろん、意見のぶつかり合いや主張はありますが、それも「いいもの」を作ることが根底にあるので、相手も受け入れやすい主張になるそうです。

どんな仕事でも一緒ですよね。

お客様のことを思った仕事ができているか…。
自分のために仕事をしていないか振り返ってみませんか?




コメントを残す