ロバート・フロスト

「歩む者のない道」

黄色い森の中で道が二つに分かれていた
残念だが両方の道を進むわけにはいかない
一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ
一方の道の先を見透かそうとした
その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩み始めた
一見同じようだがこちらの方がよさそうだ
なぜならこちらは草ぼうぼうで
誰かが通るのを待っていたから
本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた
枯葉の上には足跡一つ見えなかった
あっちの道はまたの機会にしよう!
でも、道が先へ先へとつながることを知る私は
再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる
ずっとずっと昔
森の中で道が二つに分かれていた。そして私は…

そして私は人があまり通っていない道を選んだ
そのためにどんなに大きな違いができたことか
(ロバート・フロスト,1916)

これは、店のオープンのときに、内装を手がけて下さった大谷さんというデザイナーさんより、送っていただいた「詩」です。

人によって、詩の受け止め方は様々です。

でも、いろいろな場面で振り返った時に思い出す「詩」の一つです。

無から有を生む。

人との違いを生む違い。

選択したら迷わないこと。

様々、考えさせられます。

今日も1日頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください