一生お付き合いできるお客様づくりにあたっって考えたこと

うちのサロンのデシル分析の実際の数字。

前にもデシル分析とかクロス分析について書いたのですが、弊社の実際の実績を公開。

簡単に言うと、デシル分析とは顧客を10分割にランク分けして、それぞれのランクのお客様が自社の商品をどれくらい購買して下さっているかを分析したものになります。
で弊社の場合の実績になります。
決起集会2016.001

■弊社の総顧客数は6,630名

※顧客数なので、来店数ではないです。

■そのうちの上位3割の顧客数は1,989名

※数字の正確性を見るために1年間の期間で計測。

■上位3割のお客様が総売上に占める売上の割合は73,7%

※技術売上、物販売上含む
すごいですよね、顧客が100人だったとして、そのうちの30人のVIP顧客がお店のおおくの売上を支えて下さっていることになりますよね。
これはお店ではなく、自分の個人の数字に置き換えてみてもいいかもしれません。
では、そのうちの上位顧客はどんな構成だったのか?

■ちなみに弊社は平均客単価5,500円〜6,500円です。

決起集会2016.002

■上位1割の顧客に注目してみてみると、なんと上位1割の顧客がお店の総売上の43.5%も占めているんですよね。

■上位1割のお客様の平均年間利用金額は12万円超!

すごいびっくりですよね。
そして、その次の1割のお客様も平均年間利用金額は5万円超!
こうやってみてみると、すごくありがたいことにお客様に支えられているなぁって思う一方で、びっくりすることも…。

■逆にいうと、7割のお客様の平均利用金額は3万円以下!という現実。

お客様にまだまだ美容という商品の価値がお伝えできていないのだなぁって思います。
ほとんどのお客様が流動客であちこちの美容室に行かれていて、お店にとどまっていただいていない…とも考えられますが、そもそもお客様の来店頻度が低い…とも感じるのです。
なかなか「価値づくり」って難しいですね。
今日も寒いですが、頑張って行きましょう。




コメントを残す