「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」

最近の消費者の意識ってこういう感じだそうです。
こういうニーズが高まってきているそう…。

■悩む理由が「値段」なら買え!
良いもので、どうしても欲しくて、買おうかどうしようか「値段」で悩むくらいだったら、買ったほうがいい。

良いものはお金を出してでも買え!
「良いものはお金を払ってでも買いたい」というのが一般ユーザーの心理

■買う理由が値段なら止めておけ
一般的に「安いものが売れる」という認識があるのかもしれませんが、安くても売れているものは実は「安くても良いもの」なんですよね。
買う理由が値段だけではないのです。

お客様って、こうゆう事をリアルにシビアに感じているもの…。

美容室もそう、安ければ来てもらえる…。
なんていう事は絶対にありません…。

そして同時に高くても良いものであれば来ていただけると思うんですね。

自分たちの商品が選ばれる品質を持っているのか、考えていきたいですね。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.