これからの美容室経営に「フルビューティー」が必要だと思う理由

フルビューティーサロンだからこそできる事とか、違いってなんでしょうか?

ざっくり考えてみて、この様な感じでしょうか?

◼︎お客様のライフスタイルをサポート出来る幅の違い。
◼︎ほかの美容室にはないお客様に一生通っていただける関係性づくり
◼︎顧客の年間利用額の違い。

でも、一番感じる事は、最後の年間利用額の違い…というのが大きいです。

どうしても美容室だけだと、どれだけVIPのお客様でも年間利用額ってそこまで伸びてこないんですよね。

フルビューティサロンとして、ヘアだけでなく、エステ、ネイルのある店舗はとてもVIPのお客様で年間利用額が90万円超!

そのお客様はネイルも稼働している時は100万円超のお客様でした。

そこまでの超VIPのお客様でなくても、フルビューティサロンは年間利用額40万円前後の方が何人かおられます。

でも、ヘアしか無い店舗のVIPのお客様は、超VIPのお客様でも年間利用額は40万円程度なんですよね。

VIPのお客様で年間利用額20万円前後の方が何名かおられる感じです。

どうしても美容室のメニューだけでは、上がる売上の限界がなかなか伸びません。

しかし、その他のメニューがある事で、お客様が利用される頻度がグンと伸びるんですよね。

ここまで、売上、売上と書いていますが、売上が上がるという事は、それだけお客様にたくさんの価値を提供している事だと思うんですね。

フルビューティサロンの方が、お客様にたくさんの喜びを提供できているのかもしれません。

そしてこれから生産人口が減っていく中で、美容室の新しい売上の柱を作っていく事がとても重要ですよね。

そう考えた時に、フルビューティサロンというのはすごく時代にマッチしていると思います。

といっても、フルビューティサロンももう古いので、これからはエイジングマネジメントが重要。

たくさんのお客様に新しい価値をお伝えできる様に頑張っていきましょう。




コメントを残す