インターネットはクーポンからインフラの時代に

2016年の予想もしてみて「ポータルサイトの二極化」についても書いているのですが…。
http://nobu.website/message/2183
ポータルサイトの役割が、今までの単に「集客」というツールから、経営における必要最低限のインフラツールになりつつあると思っています。

美容室でダントツのシェアを誇るポータルサイトでさえ、掲載すればお客様が来られるという時代から掲載しても「ウリ」がなければお客様を集客することができないという時代に入ってきていますよね。

それこそホームページを持っていなければお客様に見つけてもらえない時代。
ホームページだけ持っていても、なかなか見つけてもらえない時代。
高い費用を払ってポータルサイトに掲載して、やっと見つけてもらえる程度かもしれません。

それぐらいポータルサイトが美容室を探すためのツール(インフラ)になってきていると思います。

ついポータルサイトとか、広告とか考えると集客をイコールで考えてしまいがちですが、集客に直結するものでも無くなってきています。

それでも何もしないよりかは…、と考えるサロンも多いと思います。
それでも費用対効果で考えた時になかなか「?」な部分もありますよね。

ホームページも持っているだけではただの「インフラ整備」ですよね。

「来たい」と思わせる情報の発信こそがお客様を呼ぶことにつながります。

集客は発信してこそです。

お客様に有益な情報やワクワク感を持てる提案・発信をしていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.