スピードは感動を生む

これは、ちょっと前に社員さんに向けて描いたやつ

どんなに些細で当たり前のことであっても、ずば抜けたスピードで仕事をすると感動を生む事もあるということ。

例えば、以前に行った方もあると思うのですが、東京の青山にある「カシータ」というレストランのおもてなしの話です。
入店時にシャンパンサーベラージュをして、その時の記念写真が帰り際のデザートを楽しんでいる時には仕上がっていて、ギックリした経験もありますよね。

昨日でいえば皆さんに提案いただいて実践できた当日イベントの振り返りスライドショーですよね。
毎年来ていただいているご来賓の方にもすごく感動していただけましたし、初めて来ていただいた来賓の方もスタッフさんのそういったチームワークがすごいって言っておられました。

毎年、即日に郵送していただく集合写真もびっくりしていただくとともに「継続している」ことをすごくお褒めいただいております。

昨日は本当にありがとうございました。
初めて来ていただいた銀行さんにも「決算書だけでは見えない企業の人財が見れて安心しました」と言っていただけました。

本当に成人式にしても、一週間前の突然の飛び込み予約も素早く対応でき、次の日に記念写真が届いたことなど、お客様の予想を超える速さというのは感動を作ることができます。

期日のゆっくりしているものは、ついつい「明日にしよう」とか今日中にできれば…などと、後回しにしてしまいがちですよね。

改めて、スピード感を持ってことにあたるという大切さを感じたので書かせていただきました。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください