時間生産性を高める上での課題

前にも時間生産性を高めるために、料金を上げていく事を考えましょう…と書きましたが、本当の課題は、ケアリストを育成しながら料金を上げなくてはいけない事なのです。

料金を上げます…。
となった時に、今までケアリストがしていた施術項目もスタイリストが全て施術させていただきます…というのなら、スタイリストの資質や接客と技術で料金アップ分の満足度は作れるのかもしれません…。

しかしどうでしょうか?
カラー料金やトリートメント料金、シャンプー料金などの全ての技術料金が上がった時に、ちゃんと納得して料金を支払っていただけるケアリストの育成ができているでしょうか?

実は、料金を引き上げるというのは『下限の商品』の品質を見直すことがとても大事になってくると思うのですね。

下限の商品については、前のブログで…。
http://nobu.website/message/1591

1人1人のスタイリストの資質が向上する事も大切なのですが、それ以上にお客様の満足を考えて、お客様に接するケアリストの育成に力を入れる事も大事だと思います。

その様にお客様に対して大切にしたい想いをケアリストに伝え、ケアリストを育てられるスタイリストが結果として、お客様に支持されるスタイリストになっているのではないでしょうか?

時間生産性を高めるためにも料金改定と料金に見合った価値づくりというのは急務な問題です。

しかし、その先に美容師という仕事の価値の向上があると信じています。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す