フォトに取り組むことについて

いろいろな方とお話しをしていて、フォトについてお話しされていたことです。

美容室がフォトに取り組むメリットについて…

①集客につながる
当たり前のことですが、フォト作品を撮ってフォト作品をホームページやポータルサイト、リーフレットなどに使うことで集客につながります。

情報時代になって、お客様が美容室を探す基準も様々に増えてきました。

昔は、メニューや料金で選んでいた時代…。
今は、サロンの店内写真の雰囲気だけでなく、そのサロンがどんなスタイルを発信しているかで、サロンを選ぶお客様もいます。

②教育につながる
よくフォトは教育にいいと言われます。
写真に撮ることで、客観的に仕上がりを捉えることができるようになり、バランスや質感、似合わせなどを捉えるのに有効な教育と言われています。

そして作品として残ることで後々で振り返ることができ、いろいろな方にアドバイスをいただいたりもできるので、作品自体が教育の財産になります。

後、撮影の時に時間意識を持って取り組めるか?も大きく成長に関わってきます。
うまいスタイリストは短時間でいくつもスタイルチェンジをしたり、短時間で何人ものモデルさんを仕上げて行きます。

結果として撮影時間内に作品をブラッシュアップさせて、クオリティアップをすることができます。

下手なスタイリストさんは、モデルさんの時間、カメラマンの時間を考えずにゆっくり仕事をしてしまいまうそう。

そうやって、撮影の中で仕上がり、時間を意識する事を繰り返していくと大きな成長につながります。

③仕事の楽しさ。創作の楽しさに触れる
美容師さんはもともとクリエイティブを求めている人が多いです。撮影などの仕事を通じてスタッフに仕事の楽しさや価値を伝えることが出来ます。

いろいろなメーカーやディーラーがフォトコンテストを企画するのも、こういうフォトコンテストのニーズがあるからだそうです。

フォトを通していろ活性していきたいですね。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください