仕事について

仕事をどう捉えますか?あなたの仕事はどんな仕事ですかと、問われた時にあなたはどう説明しますか?
あなたの仕事の捉え方によって、仕事の質が変わる。

人から捉えられる仕事の価値が変わる。
「美容師の仕事ってどんな仕事ですか?」と問われた時に…。
Aさんは…

「美容師の仕事は、髪の毛を切ったり、パーマを巻いたりする事が仕事だよ」と答えました。
Bさんは…

「美容師の仕事は、忙しいときもあるけど、割と稼げる仕事だよ」と答えました。
Cさんは…

「美容師の仕事は、人生を応援する仕事だよ」と答えました。
答え方は人それぞれ…。

しかし、答え方で「仕事の価値の伝わり方」が変わる。
大げさでもないけれど、憧れられる仕事かどうかが決まる。
Aさんは、仕事を「作業」ととらえる。

Bさんは、仕事を「稼業」ととらえる。

Cさんは、仕事を「使命」ととらえる。
あなたがお客様なら、どの美容師さんに担当してもらいたいでしょうか?
あなたが美容学生なら、どの美容師さんのいるお店で働きたいでしょうか?
いまの求人は「どこで働くか?」「働く環境はどうか?」という事から「誰と働くか?」「どんな人と仕事をするか?」という事にシフトしているそうです。
「使命」とは「天から使わされた命」なのだそう。
あなたは何に命を燃やしますか?
そんな事を感じた1日でした。
今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください