社員さんに向けて

料金改正をするにあたって大切な事は「自分たちの商品に自信を持つ」事でしかないのです。
美容師のように自分たちの技術や接客が商品になる職業であれば、自分自身に自信を持つ事が大事です。

自分が「1000円の商品」を提供 していると思って仕事をしているのか…
自分が「5000円の商品」を提供 していると思って仕事をしているのか…

この心持ちで「顧客に提供する価値」は大きく変わるといわれています。

料金改正した価格に対して、自分に足りないギャップを感じて「高い」と感じるのであれば、ギャップを埋める努力をすればいいのです。

自分が価格に見合った価値を提供できていないと感じるなら…
自分の身なりをもっと変えればいいし、言葉遣いを変えればいいかもしれません。
もしかしたら、レッスンして技術力を高めることが価格に見合った価値を作ることにつながるのかもしれません。

ギャップを感じるということは「自分に伸ばししろ」があるということだと思います。
ギャップを埋めていくことが自身の成長につながります。

お客様に価値を感じていただけるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.