ヘルプとサポート

コーチングにおけるヘルプとサポートの違い。
簡単に言うと…

ヘルプは「その人の代わりにやってあげること」

サポートは「その人が出来るようになるまで支援すること」

だそうです。
例えるなら「崖下に転落してしまった仲間を、背負って登って助ける」というのが、はしごをかける、降りていって背負う、背負って登るという風に一から十まで全部してしまうのがヘルプというイメージでしょうか?
サポートは、はしごを登ろうとしている仲間が上りやすいように、落ちないように、はしごの足元を支えてあげるようなイメージでしょうか?
人材育成において、どちらの方が効果的なのでしょうか?
人材育成についてはOJTやOff-JTなど様々な育成の方法があるので、その中でヘルプとサポートを使い分けていくことが大事。
緊急性の高いものは「ヘルプ」を交えながら、緊急性が低くて重要性の高いものは「サポート」をメインに育成していくと効果性が高いそうです。
今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.