売上をあげる

お店のどこを伸ばせば良いのか?
美容室のオーナーの方とお話をさせていただいて、改めて気付かせていただいたことですが…。
お店の売上を上げるために単純に分解して考えることが大事ですよ…。とのこと。
当たり前のことですが、案外ざっくりと数字を掴んでいて、細かく分析できていないところも少しありますね。
お店の売上を考える時に当たり前ですが「客数×客単価+店販」だとか「客単価×カルテ枚数×年間来店数」だとか、様々に分解して考えることができます。
お店の売上を上げるために、客数なのか客単価なのか、どちらが伸ばししろがあるのでしょうか?
客数が少ないとすれば…。

固定のお客様が少ないのでしょうか?

新規のお客様が少ないのでしょうか?

平日の集客が少ないのでしょうか?

夕方以降の集客が少ないのでしょうか?
客単価が低いとすれば…。 

特殊比率が低いのでしょうか?

メニュー単価が低いのでしょうか?

トリートメントなどの出ている価格帯がどうなのか?

ジュニア客が多いのでしょうか?
店販が動いていないとすれば…。

購入比率が低いのでしょうか?

複数購入率が低いのでしょうか?

購入単価が低いのでしょうか?

リピートが低いのでしょうか?
各店ごとに、各個人ごとに伸ばししろというのものはあるはず…。
当たり前のことですがちょっと考えて、伸ばししろを見つけましょう。




コメントを残す