生産性を高める意味

スタッフさんに向けて
各店舗とも価格改正を行ってもう1ヶ月になりますね。
価格改正を行ってから各店舗の実績はどのようになったでしょうか?

また、来月以降の見込みや次回予約はどうなっているでしょうか?
料金をあげることと価値を高めていくことは並行して行っていかなければならない…。

価値を高めていくことが必須です…。

ということは、今までも書いてきました。
料金改正の目的の1つには、時間生産性を上げるということがあります。
カットが今までと同じ施術時間で提供できたとして、今までより少しでも料金を頂くことができれば、時間あたりの生産性が高まったことになります。
1時間で3500円頂いていたカットを、4000円頂くことができるようになれば1時間あたり500円生産性が高まります。
今まで8時間で28000円頂けていたものが、7時間で同じように28000円頂けるようになります。
今までよりも1時間ゆとりのある時間を持つことができるようになります。
料金を上げることの大切なことはここだと思います。
料金をあげることによって生産性を高め、時間を作り出すことが大切です。
もし1時間という時間を作り出すことができれば、自分たちがお客様に提供する商品力を高めるためのレッスンや講習会などの自己投資、未来への投資に使うことができます。
他にも1時間という時間を作り出すことができれば、お客様満足度向上のためのクリンネスや各種サービスの見直しのための時間に使うことができます。
美容の仕事はニーズの変化の激しい仕事…。

自分たちひとりひとりの成長こそが大切なのです。
成長していくための時間の投資が、結果商品力を高めること、顧客の満足度を高めていくことにつながります。
ただ料金をあげるだけでなく、生産性を高め、教育のための投資に時間を使えるようにすることが大事…。
今日もお客様の満足のために頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください