集客について

人がいれば売り上げが上がると言う時代ではない。

先日、サロンの見学に来ていただいたサロンのオーナーさんが言っておられたこと。

そのオーナーさんは、ユニセックスサロンで1000万サロンを目指している方で、郊外型のサロンを運営されている方。

ちょっと昔は、大きなサロンで、レセプションがいて、ちょっと高級感があって、最新の設備があれば、美容師の求人もかかった時代があった…。

そして、美容師さえいれば、チラシやハンティングでお客様を呼べた時代…。

ちょっと目新しければ、少し遠くても、お客様がわざわざ足を運んでくださった時代…。

今はそうはいかない…。
商圏はどんどん狭くなってきている…。

美容室が増えたこと…。
インターネットが普及して、近くのお店の情報が得られやすくなったこと…。
遠くのハイコンセプトなサロンよりも、近くのリーズナブルで通いやすいサロンのニーズが出てきたこと。

どんどんお客様を呼ぼうと思っても、商圏が狭くなって見込み客が減ってきているそうです…。

これは都会でも郊外でも同じような流れがあるそうです。

じゃあ、この時代に集客が成功しているサロンは?

当たり前のことを当たり前にやっているサロンです。

お客様を失客させず、地道に顧客数を積み上げ、集客を伸ばしているサロンが伸びているサロンだそう。

生涯顧客をつかんだサロンが集客に成功しているのです。

だからこそ、伸びているサロンの真似をしようと思っても、やり方では伸びません。
成功するのは、そのサロンの培ってきた風土や教育があるからこそ、成功するのです。

他店の成功事例を真似るのではなく、自店だからこそできる成功事例を作り出していきましょう。

まずはお客様に生涯通っていただけるサロンになることです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください