時間を創り出すことも生産性を高めること

時間は創り出すもの

美容室経営者が集まる勉強会で、聞いた事。

お店の稼働率を測ること。

①席数に対しての稼働率
これはお店の席数がどのくらいの時間埋まっているのか?
全席埋まるのが稼働率が100として、何パーセント埋まっているかを測るそうです。

稼働率が低ければ、まだまだスタッフ数を増やすことができます。

②スタッフの人数に対しての稼働率
スタッフがどのくらい手が詰まっているのか?
スタッフの稼働率が高くなりすぎるとお店の負担がとても多くなってしまいます。

これを時間ごとに測っていくと、どの時間が時間が空いていて、どの時間が稼働率が高いのか?何曜日が空いているのか?などがわかるようになります。

そうやって、空いている時間の集客を考える。
予約の管理をして、空いている時間をうまく使って、レッスンやミーティングの時間をとる。
スタッフとの対話の時間を取れるようにする。

など考えていくと時間は案外作り出せるものだそうです。

そして、ちょっと時間が空いた時にできる仕事を細かく段取り立てていくと仕事が効率的に回せるようになります。

売上を上げることだけが生産性を高めることではありません。

時間を創り出すことも生産性を高めることなのです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す