ムダを省くことのメリット

付加価値や生産性を上げるために取り組むこと

自動車メーカーのトヨタが取り組んでいる「改善」の取り組み…。

おおよそ生産性を下げてしまう仕事上の無駄というのが大きく7つほどあるそうです。

会社にロスを与えてしまう7つのムダ

1.つくりすぎのムダ
2.手待ちのムダ
3.運搬のムダ
4.加工そのもののムダ
5.在庫のムダ
6.動作のムダ
7.不良をつくるムダ

仕事において生産性を高めるためには、まずこのムダを省くことだそうです。

この無駄を省くために社員から日々、改善提案をあつめているそうです。

改善提案件数は、1年間で従業員1人あたり9件はあるそうです。

全体の件数に直すと年間で50万件にものぼります。

まず、ムダを発見する力、生産性について考える思考が大事だそうです。

お店でも1人、年間10個の改善提案を集めるだけでも、大きく改善できることもありそうですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください