カラーが売れているサロン

カラーが売れているサロンの方が言われていた事。

カラーの希望を聞くときの聞き方が大切です。

お客様がホームカラーでなく、サロンカラーを選んでいただくためにも、お客様がメンテナンス(染める)としてカラーを買いにきたのではなく、ファッションとしてのカラーを買いにきたという認識にしてもらうからこそ、再来していただけるそうです。

メンテナンスを求めているのはお客様は、最終的に染まっているか、染まっていないかが重要なのであって、自分でするのとお店でするのと、差がないのであれば自分でしてしまうそうです。
ファッションとしてのカラーを求めているお客様は、オシャレかオシャレじゃないかが重要なのです。ファッションは自分なりではなく、人からの意見やアドバイスが欲しいのです。
だからこそ、ファッションを求めるお客様をいかに獲得するかが大事だそうです。

お客様にファッションとしてのカラーを買いにきていただくためには?

季節感を聞く事が大事。
季節にあったものを買うという選択をして、ファッションとしてのカラーリングを買いに来たという気分になってもらう。
「最近はどのようなお色(素材)のお洋服が多いですか?」
「今チャレンジしてみたいカラーはありますか?」

こういう風にファッションと絡める事で、カラーが「染める(メンテナンス)」というイメージから「ファッション」というイメージになる。

染める=どこのサロンでもやってる、ホームカラーでもできる。

色をいきなり聞くなんて…

そして、カラーのクレームを少なくするためにカウンセリングをかえるw。

カラーの入り口は絶対に「色味」よりも「明度」からカウンセリングすること。
クレームで多いのは「明度」のイメージのズレが圧倒的に多い。
「色味」というのは、その時の気分や狙いたい質感によって変えるもの。
「今日は明るさを変えたいなど、イメージを変えたい要望はありますか?」
「今と比べてどのくらい(明るい/暗い)ですか?

今の明るさを基準(目の前で確認できて理解しやすい)
今より、明るくしたいのか、暗くしたいのかを確認する。

そのあとわかりやすいのは、ヘアカタログを見せて比較して、今はこの明るさです。
希望の明るさはどれですか?(指差してもらう)という風に確認するとお客様との認識のズレが少なくなるそうです。

最終的には、カウンセリングの中で主導権を握っていく事が大事。

「明度」の次に「色味」をカウンセリングする。
明度よりも色味こそがセンスでありデザインです。
色はお客様に丸投げではなく、こちらから提案するからこそ、プロとしての信頼を持っていただける。

お客様に似合う色味として、2パターン以上は準備して提案するそう。

赤みのあるモカ系の色味か、赤みのないアッシュ系の色かどちらがいいですか?
選択しやすい2択で、お客様に選んでもらう。

お客様の選ばれたカラーに対して、自分なりのセンスにすり替わるように言葉を乗せる。
「選ばれたカラーをお客様の髪の長さ、前髪の雰囲気に合わせて、こちらで調整させていただいてもいいですか?」
「お客様の選ばれた色味にこの色を足すと、今時のカラーになるんですけど…いかがですか?」

という風に自分なりの答えを持つからお客様に信頼される美容師になれるそうです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください