目的と目標の関係

❶目標は目的のためにある。
❷目標は具体的に、目的は抽象的に。
❸目標は見えるモノ、目的は見たいモノ。
❹目標はプロセス、目的はゴール。
❺目標は複数、目的はひとつ。
❻目標は諦めても、目的は諦めない。
❼目的は目標の先にある。

確固たる目的を持つことで、目標は見えてきます。

確固たる目的があることで、あきらめずに再度目標設定することができます。

目標や目の前の課題は障害に感じるけれど、目的から見ると通過点にすぎない。

辛いことも悲しいことも通過点と考えるとなんていうこともない。

目的を持つことは尊いことです。
今日も一日頑張りましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください