目標達成するために必要な準備

来期の計画について、数字を立てているところでしょうか?
目標を立てる、目標に対して進捗をはかる…など管理者がしなければいけない事は沢山あります。
しかしながら、目標がとてもわかりやすく、スタッフひとりひとりに浸透しやすいものだったら、こちらからせかさなくてもスタッフひとりひとりが目標に対しての意識をもてるのではないでしょうか?

目標を達成するためにしておくといい準備について書いておきます。
◼︎細分化する事と目標を見えるようにする事。

売上目標を目に見えるようにする事が大事。
お店の目標をまず、スタッフの目に見えるところに貼ること。
お店の目標の下には、細分化した数字を…。

*個人の目標
*1日あたりの目標
*一週間の目標

◼︎達成度を知ること、売上の予測を立てること。

みなさんにも言っていることは、予約をできるだけ早くうめなさいという事。

*次回の予約を取ること。
*一週間前には予約していただけるようにお客様にお伝えする事。

朝から予約の入っている1日と、予約の入っていない1日では、売上の予測がぜんぜん違いますよね。

予約が入っていれば、今日どのくらい売上が上がるか、予測がつきますよね。

数字の見込みがたてば、後は目標とのギャップを埋めていく作業ですよね。

◼︎なんでこんなあたり前の事を書いたか…

目標を達成するのに、わかりやすくする事。
明確に、具体的にする事は大事だそう。

目標を設定する時に大事なことをわかりやすく表現したものに「スマートの法則」というのがあるそうです。

Specific= 具体的、わかりやすい

Measurable= 計測可能、数字になっている

Agreed upon= 同意して、達成可能な

Realistic= 現実的で結果志向

Timely= 期限が明確、今日やるなど

このように目標を立てた上で、みんなで目標を共有できるように掲示することが大事だそうです。

単純な事ですが、目標を明確に、目標を口にする事で、数字の振り返りをできるようになりましたし、他の人の目標を知る事で、お互いにコミュニケーションを取れる場面も増えました。

決算まで頑張って行きましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.