フルビューティーを推進する

顧客のロイヤルユーザー化の推進を考える

今日はスタッフに向けて

年間利用金額の高いロイヤルユーザーをどのように増やしていくか?

ポスレジで集計してみると過去1年間の年間利用金額が10万円以上のお客様が353名。
1年間の来店カルテ数が6,123名になるので、10万円以上のVIP顧客は総客数のうち5.7%という結果になっています。

お店としてVIP顧客の定義がはっきりしているわけではありませんが、年間利用金額10万円以上のお客様をVIPと定義してみます。

現在のVIP顧客が、5.7%の353名から、10%の612名になって、259名増えたら?
年間0万円のお客様がいきなり年間10万円のお客様になるわけではないので一概にどれだけ売り上げが上がるかはわからないのですが、ロイヤルユーザー化することで平均で5万円利用金額が増えたとして「259名×5万円」で1259万円は年間売上が増えることになります。月間になおすと毎月100万円の売上アップにつながります。

では、年間利用金額が10万円を超えるお客様とは、どんな顧客なのでしょうか?

どんな顧客にどんな提案をして、VIP顧客化していくのか?
また、どんな販促をすればVIP顧客にしやすいターゲットを獲得することができるのでしょうか?

【ヘアだけのお客様の場合】
①毎回カラーカットで2ヶ月おきに6回来店で「9,660円×6回」なので、56,640円です。
これだけだと、全然年間10万円にはほどとおいです。
②カラーカットの間にカットを6回はさんで、年間12回来てもらうようにしたとしても「4,000円×6回」の24,000円のプラスにしかなりません。

ここまでで、年間利用金額80,640円です…。

③シャンプー&トリートメントの詰め替えを年間2回購入していただく、詰め替えのセットがおおよそ1万円で、2回買ってもらって、やっと合わせて10万円VIP顧客なのです。

毎月来ていただけるお客様と考えるだけでも、すごく多いわけでもないですし、ヘアだけで毎月来店顧客にしていくのは、とても難しいと思っています。

だからこそ、フルビューティーを推進していく必要があると感じています。

【フルビューティー顧客の場合】
毎回カラーカットで2ヶ月おきに6回来店のお客様でも、ヘア以外にエステ、ネイルのご利用をいただけるだけで、年間10万円以上のVIP顧客になっていただけるハードルが下がります。

ヘアの間にエステに2ヶ月おきに年間6回通っていただくと「6,000円×6回」で36,000円…。
クレンジング、洗顔、化粧水を年間3回購入いただく、「12,000円×3回」で36,000円…。
夏の時期はネイルを楽しみたいとのことで、夏に2回ハンドネイル、フットネイルに通っていただくと「6,000円×2回」で12,000円…。

なかなか、技術で来店していただくのは難しいように感じるかもしれませんが「化粧品」などは、どこかでお客様が買われているもの…。
知識もなくなんとなく勧められて買っているというお客様も多いものです。
正しいケアや知識とともに提案すれば、ヘア以外に利用していただけるお客様も増えると想います。

そして、お客様のVIP顧客化をしていくには、ヘアの単価を上げるよりもフルビューティー化を進めていく方がとても具体的に来店回数を増やすことができます。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す