新規集客を考える

新規顧客を獲得するというのは永遠の課題です。
というのも、引越しなどに伴う自然失客が5-7%ほどあると言われています。

だからこそ新規集客が必要と言われています。
昔は、新規集客は失客数と同じ人数だけ集客できれば売上は安定すると言われていましたが、果たしてそうでしょうか?

僕は、実際は失客数の2倍くらいの新規集客がなければ売上を維持するのは難しいと思っています。
というのも「自然失客」されるお客様は、そもそもやむ終えず来れなくなるお客様であり、お店が嫌で来られなくなるのではないので、そもそも良いお客様も多いのです。
一方新規のお客様といえば「お試し客」も多く、カットのみの利用だったり、カラーだけの利用だったりと、客単価が少ない方も多いのです。

そして、そもそも年間利用金額の違いがあります。
年間利用金額が2万円から4万円のお客様が失客されるのに対して、新規のお客様で、年間利用金額を2万円から4万円をカバーしようと思うのはとても大変です。

新規のお客様が4回から5回再来されて、やっと失客による売上の減少を食い止める事が出来ると言われています。

新規の集客は客数よりも単価。
1度目の来店から、ある程度の単価が狙えるセットメニューを組む事。
そして、セットメニューを試してみたいと思える、広告構成が必要なのです。
特にカラーやヘアケアメニューの定着率は高いと言われているので、そういった顧客をターゲットにした広告宣伝をしていくと良いと言われています。

ただ闇雲に広告集客をかけるよりも、ターゲットを絞って集客していく事が大切です。

また最近では、集客コストの少ない紹介集客も注目されていて、紹介のクーポンの内容も工夫されてきているようです。

はじめにも言いましたが、新規集客も繁栄のための課題です。
今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください