10年先のビジョンを考える

最近よく考えることの一つにお店の移転や改装のことがあります。
会社として投資をするということになりますが、いかに利益を有効的な投資に回すかということ。
利益を生むための投資なら、進んでした方がいい…などど考えています。

各店舗も出店してから5年以上内装のメンテナンスをしていない。内装の改装をしていない。ボイラーなどの設備のメンテナンスをしていないなど、ちょうど改装というキーワードがよぎる様になってきました。

古くなってきたので、やむおえずメンテナンスや改修と考えると、その費用は「後ろ向きな出費」のように感じてしまいます。
しかしながら、これから「先の10年間を創る投資」と考えるとポジティブに考えることができますよね。

改装や出店というと一般的には一坪あたり20万円〜40万円ほどの費用がかかります。
建物を一から建てる時は60万円から90万円くらいかかるとも言われます。

それでも「自分たちが働くなら、誇りを持って働けるお店を作ろう」とか「働きやすいお店づくりをしよう」など、これから先の10年感がワクワクできるようなものになるのであれば、とても有効的な投資になるのではないか?とも考えています。

そして「来ていただいているお客様が納得して料金を支払えるお店」になっているか?
もっと「お客様にとって居心地の良いお店」になっているのか?

などと考えていくと何かを変えていかなければいけないと感じています。

お店の魅力でお客様を集め、お店の魅力で高付加価値を生み出すことも、今の時代、大事だと感じています。

今は「ヒト」で集める集客に頼っていると感じています。
スタイリストの指名のお客様であったり、昔からこのお店の雰囲気が好き…というお客様だったり、今来店して頂いているお客様は、お店を知って、人を知っているから来て頂いていると思います。

新規のお客様は、どんな人が働いているかも知らないし、お店に行く理由ってはじめは「ハード面」が理由になる事が多いのではないかと思います。
お店の雰囲気が新しくて魅力的、新しいメニューがあるといったお店の魅力も大事。
まず、お店を知って、お店に来店頂けなければ、お店のスタッフを知ってもらうことは出来ない…。

新規のお客様を呼ぶためには「お客様を集客できるお店づくり」も大事だと思うのです。

幹部合宿では5年くらい先を考えたコンセプトづくり、お店づくりなんかも話ができればと思います。

未来の数字を作るには、今何に時間と費用の投資をするのか…が大事。

利益を出して終わりではなく、利益を出して何に還元、投資して行くのか?

これから10年先を作るために、この3年、5年先のビジョンはとても大事だと思うのです。

今度の合宿では、来期の取り組みの優先事項や投資についていろいろ語れればと思います。

今期もあとわずか、来期スタートをきれるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください