離職を防ぐために

離職を防ぐための面接の仕方

離職を防ぐためには面接の仕方を変えるのも有効だそうです。
米国のある調査では、就職後に半年以内に離職する人が3分の1もいるそうです。

米国ではマネージャーと呼ばれる管理者が、新入社員のコーチに当たることが多いそうです。

しかしながら、マネージャーも多忙で、新入社員に接することができるのは、入社して一ヶ月ほど経ってからになるそうです。

入社1週間の間に、この会社に長く居ようという風に考えられる人はわずか33%しかいないそうです。
残り3分の2の人は、職場での自分の役割がわからずに、だんだんと退屈感や疎外感が生まれ、離職につながるそうです。

では「会社に長く残ろうと感じた人」と「離職しようと感じた人」の差はなんだったのでしょうか?

夢や希望を持って入社してきた新入社員の入社理由や入社後のビジョンは様々…。

自分のキャリアをぐんと伸ばしたい人もいれば、その企業が持つ課題解決に自分の使命を感じている人もいるかもしれません…。

要は、彼ら新入社員が入社した後に、彼らが叶えたいビジョンを叶えられるようにコーチできる環境があるかどうかが重要なのです。

企業側に新入社員を受け入れる準備が出来ているか?が大切なのです。

仕事に対する意欲が少なくなればなるほど、企業に存続す理由が見えなくなり、離職につながります。

一番いいことは、新入社員が入ってきた始めの一ヶ月をちゃんとコーチできるマネージャーが付き、コーチング出来る事なのです。

新入社員が望むことをヒアリングし、新入社員に期待する役割と成果を明確にしていくことなのです。

そして、何よりその企業が目指すべき姿、理念に基づく在り方を新入社員に示してあげることが大事なのです。

例えば面接段階で…。
例えば入社日のオリエンテーションで…。

ちゃんと企業のビジョンを語ることが大事なのです。
そして、企業のビジョンに共感できるか否かが最低限の採用基準だといいます。

ある先輩が教えてくれたのですが、面接とはお見合いのようなもの。相手を知る事も大事だけれど、こちらの事を知ってもらうことが大事…。
だからこそ、相手が惚れるほど自分の企業の理念やビジョン…、求める人材について語るそうです。

相手が惚れ込んだらこっちのもの…。
こちらの理念やビジョンに合わせた役割や成果を語り、あなたとぜひ働きたいと語る事…。

入社の前であれ、人に必要とされる事で所属する理由ができます。
そうやって、人から必要とされるからこそ安心して働くことができるのです。

面接とは相手のことを探り、相手のスキルや能力を計るものではなく、希望や期待を見い出すためのものなのです。

はじめにこうゆうことができると離職率も下がるそうです。

こうゆう事を聞いたので、少しでも面接の仕方を変えてみようと思っています。いい情報なのでシェアします。

今日も1日頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.