学ぶ行う伝える

ある経営者の方から教えてもらったことになります。

学びの目的をどこに置くか…。

美容師さんはとても勉強熱心なので、勉強会に参加されたりとか、学ぶことに対してまじめ…。と言われます。

しかしながら「学ぶこと」で完結している方が多い…というのも現状だそうです。

特に最近で言えばプレゼンテーションにおいて、プレゼンするためのツールが進化して、パワーポイントや動画など、ホワイトボードを使わないで、スマートに進める勉強会やセミナーも多いそうです。

しかし不思議なもので、パワーポイントで講演を進めていくと、メモを取る人…というのが少ないそうです。

どうしてもパワーポイントで進めてしまうと、文字数が多くなったり、図形が多くなったりと、なかなかメモが追いつかない…ということになるそうです。

そして、最近はパワーポイントや板書をスマホで取る方が多いとか…。

伝え方、学び方は時代とともに変化していくものなので、どうあってもいいと思うのですが、大切なことは学んだことを振り返ることがあるのかどうか?ということ…。

学びの目的は知ることではなく、できるようになることが、最低限のゴールではないでしょうか?

その方が言っていたのは、学んだことを活用するまでのフェーズがあるそう…。

フェーズ1「学ぶ」
情報として自分に有益になるものを知識とりいれること。

フェーズ2「行う」
有益な情報として入れたことを自分の実体験に置き換えるため、自分のスキルとして修得するために行動に起こすこと。

フェーズ3「伝える」
自分が体験したこと、自分が身につけたスキルを人のため、組織のためにアウトプットして、個人から組織へとナレッジの共有をしていくこと。

というフェーズを踏まえて、自分が学ぶことのゴールをどこに持つのか?を明確にして、学んだ時間を有益なものとして、費用対効果を意識することが大切なことだそうです。

そのためにも、学ぶことで完結するのではなく、学んだことを活かすための学び方が大事。
そして、誰にでもできる簡単な学び方は『自分がちゃんと読み返すことを前提としてメモ』することだそうです。

に学び」から「行う」にしていくためにも、まずは読み返せるメモを取ることが、誰にでもできる簡単な学び方だそうです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.